イベントは 終了 です

9/4(金) 「Withコロナ時代に切り拓く、新興国海外事業の形  ~オンライン・共創・小ロット・新マーケット~」

詳細
「Withコロナ時代に切り拓く、新興国海外事業の形  ~オンライン・共創・小ロット・新マーケット~」

先行きの見えない「Withコロナ時代」、事業の新たな活路を海外市場に見出せないか。コロナウィルスの影響や、回復が刻一刻と変わる各国の最新状況を掴み、これからのビジネス展開の機会と可能性を検討します。
    
【セミナー内容】
冒頭挨拶 経済産業省 貿易経済協力局 技術・人材協力課長よりご挨拶

『ビヨンドコロナこそ新興国市場展開の好機である
 〜主戦場はオンラインに有り、この手があったか新興国市場展開を通じた再創業戦略〜』
金沢大学 融合研究域教授・博士(経営学) 松島大輔氏
大阪府特別参与、タイ王国公益法人お互いフォーラム共同代表理事、タイ工業省顧問等を歴任。東京大学・ハーバード大学卒 06~15年にインド・タイに駐在しながら、中小企業の新興アジアビジネス支援を1000件以上実施。
主な著作等 『新アジアビジネス』 ・『空洞化のウソ』 講談社現代新書出版      

■コロナ状況化の海外各国のマーケット最新状況
ⅰ)オンラインによる東南アジアの食品市場開拓
KM International Trading & Consulting代表 中正宏氏
JETRO食品輸出プロモーター事業専門家、中小機構東北国際化支援アドバイザー。13年間にわたる海外在住を経て起業。海外在住中は外資系最大手国際物流企業にて国際貿易の経験を積み、現在はアジア諸国の企業に食品・飲料分野のジャパンブランドを現地に売り込む活動に邁進中。

ⅱ)新マーケットとしてのアフリカ
株式会社スタンデージ 副社長 大森 健太氏
大森健太氏 株式会社スタンデージ 取締役副社長
東京大学卒、2017年に同社を共同創業。中小企業が直面する「貿易ビジネス」における課題を解決する、総合貿易デジタルプラットフォーム、暗号通貨を活用した決済システムの開発・展開を行う。2019年日本経済新聞社主催 「スタ★アトピッチJapan」受賞企業。

ⅲ)新たな中国市場の攻略法
株式会社日中BHEコミュニケーションズ 社長 周 建均氏
中国出身、14歳で来日し日本の大学卒業後、大手食品総合商社、リクルート上海本社、元三菱商事出資の製造コンサルティング会社の勤務後、2019年より現職。中国政府、現地企業のネットワークを多数有し、日中企業のビジネスマッチングを年間数十件成功に導く。

パネルディスカッション、Q&A
『Withコロナ時代に切り拓く、新たな海外事業の形』
 金沢大学 融合学域教授 松島 大輔氏
 株式会社スタンデージ 大森 健太氏
 株式会社日中BHEコミュニケーションズ 社長 周 建均氏
  

◆日時:9/4 
◆会場:オンライン(Zoom配信)   
◆定員:100名   
◆費用:無料
◆参加対象(法人)
・ 自社製品・サービス等の新規マーケットへの展開を検討されている(特にBtoB分野等)
・ 新興国マーケットの開拓に関心がある
・ 海外各国のコロナウィルスの影響や立ち直りの状況に関心がある

*お申込後、事務局による会社情報ご確認のうえ、参加案内を送らせて頂きます。
*個人事業主の方につきましては、申込状況により判断させて頂きます。
*競合他社様のご参加は、ご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。


■主催/株式会社スタンデージ
■共催/経済産業省
■後援/商工中金
追加情報
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#722810 2020-09-03 06:12:58
過去の更新
2020/09/04 (金)
18:00 - 20:00 JST
カレンダーに追加
会場
オンライン
チケット
入場券 満席
主催者
海外展開支援オンラインセミナー
フォロワー数: 152

[PR] おすすめ情報